たまりば

  お薦めショップ/企業/団体 お薦めショップ/企業/団体  福生市 福生市

  認知症あるある食卓力出来事アイテムオサレイベント

2017年08月26日

待つ会話と優しい言葉

「否定をしない!でもね・・・」 で無言のコミュニケーションのことを書きましたが、認知症の人との会話は待つことも大事ですね。

返事が中々返ってこないことがあるんです。言葉が浮かんでこないだけなのかもしれませんが、それを介護者が待てずにあーだこーだ口を出してしまっては、コミュニケーションになりません。
私も初めの頃は返事がないと、同じことを何度も、しかも段々と声を大きくして聞いてしまい「わかってるわよ!」と、怒らせてしまったことがありました。

会話に間をおく、よく観察しながら待つ。こう心がけると介護者の憶測で、違う方向に会話が進んでしまうのを防ぐことができます。
認知症の人でなくても、会話の途中でとんちんかんに口を挟まれたらイライラしてきますよね~
認知症だから理解ができないだろうとか、推測で行動を提案したり、矢継ぎ早に言葉を投げかけてしまうと信用を失うことにもなりかねません。
この人は自分のことをわかってくれない人だと思われてしまったら、親子だろうがなんだろうが関係ないので、修復が大変になってしまいます。



私は、母に返答をする時にちょっと間をとることがあります。いつもと同じ返事にならないよう、言葉をあれこれ思い浮かべ、今はこれがいいかなと選んでみるのです。

それが母にとって云々というよりは、自分がいつも同じことをいうのはつまらないし、言い方が投げやりになってしうま気がするんです。もし、そうであればその投げやり感は母に伝わるでしょうから、良くないことですね(^▽^;)ゞ

同じことを言うのでも自分が飽きないための言葉選び、それが結果的に優しい言葉になってくれたらいいコミュニケーションになりますね

  

  • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)認知症あるあるセルフケア

    2017年08月24日

    認知症になったら歯の治療は大変!

    ちょうど1年前、母の上義歯の金具が壊れてしまい、訪問歯科を紹介していただきました。母の場合は足のこともありますし、こちらから歯科に行くのは無理なこと。
    何度か来ていただき金具の修理をしていただきましたが、当の本人がどこがどのように具合が悪いのか、説明ができないので修理直後は大丈夫ですというのですが、翌日食事をすると「痛い」と言って外してしまいました。

    訪問歯科でできることは限られていますので、仕方がないと思います。そのうち下も合わなくなり、今年の初めにはとうとう歯なしになってしまいました。

    それでも上下1~2本づつ自分の歯が残っているので、これが邪魔になって噛みにくいようです。もう大好物のお寿司を食べることもできなくなりました。完全ミキサー食になってしまうと、見た目は全部同じ(> <。) 何を作ってもかわり映えしません…

    いろいろ試してみましたが、まだまだ研究の余地ありです。
    例えばお昼の定番メニューのうどん。麺と汁をミキサーにかけるとドロドロになってしまうんです( ̄◇ ̄;)
    ドロドロになる手前で止めればといいか!と思ったんですが、ムラになってしまうんです。麺だけ取り出し包丁で切ったりもしましたが熱くて大変でした。
    最終的にうどんを煮ながらステンレスのターナーでブチブチ細切れにする!今のところこの方法がベストです。
    そこそこ顎を動かせるように調理しようと心がけています。

    先日、私自身が歯医者にかかることになる事態が起きました!やはり母の状態を思いましたね・・・

      
    続きを読む
    • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)出来事セルフケア

    2017年08月22日

    枯れない野菜の正体

    以前、「ローマ法王に米を食べさせた男」の著者高野誠鮮さんの講演を聴く機会がありました。この方は当時スーパー公務員と呼ばれた、石川県羽咋市役所の現役職員(当時)で、講演は笑いっぱなし、かつ衝撃的な内容でした。

    カンブリア宮殿にも既に出演済でしたので、「テレビでは言えない、活字にもできないことを今日はお話しますよ!」と、ガンガンしゃべってくださったんです。ですから、私もここに全てを書くことはできないのですが、一番印象に残っているのが「最近の野菜は溶ける」と言われたことです。当時の私はまだ食の勉強をしていない時だったので、農薬や化学肥料の弊害などの知識もなく大変衝撃的でした。

    野菜は植物なので本来は枯れるもの、今の野菜はうっかりすると冷蔵庫の片隅でドロドロになっていませんか?
    と、言われ ガーン!(◎_◎)

    大きさが均一で形が整っていて見栄えが良い野菜は、化学肥料の使用を前提にした品種で、生命体としての弱さがあります。肥料がたくさんまかれた畑には雑草や虫が発生するので、今度は除草剤や殺虫用の農薬も大量に散布することになるんです。

    油と同じ方程式「大量生産+安価=人間の身体に害があるもの」

    農家さんは自分たちで食べる野菜は別の畑で作っている!なんて嘘か本当かわかりませんが、一時よく聞きました。
    安いものばかり求める消費者にも、問題はあるのでしょう。自分が食べない野菜を、作らなくては生活していけない農家さんも、心が病みそうで気の毒になります( ´ Д`)

    それにドロドロ野菜ばかり食べていると、自分もドロドロに溶けてなくなるような気がしてきますね~
    さて、どうします?

    ニンジン


      
    続きを読む
    • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)セルフケア

    2017年08月21日

    酒粕で茄子のグラタン作りました!

    酒粕活用法を収集するために読んだ本の中に、やわらか酒粕というのがあり、以来欠かすことなく冷蔵庫に鎮座しています。
    酒粕を同量の水で溶き保存瓶に入れるだけ!私はこれを料理以外のことにも使うので鍋で火にかけ、水分を飛ばしています。

    このやわらか酒粕を使って茄子のグラタンを作ってみました。
    ホワイトソースは豆腐とやわらか酒粕、白みそ、みりん、塩麹。

    茄子はフライパンでソテーし、耐熱皿に並べホワイトソースをかけ、とろけるチーズをのせてトースターで焼く。これだけですが想像以上に美味しかったですね~ このホワイトソースはいろいろアレンジできそうで、楽しみです^^

    それにやわらか酒粕はすぐに使えて、味噌汁はもちろんカレーや鍋物、炒め物にも大丈夫!私はいり玉子にも入れてみました!
    匂いが苦手な方でも、少しづついろいろな料理に使えばそれほど味が変わることもないので、健康管理に役立つと思います。

    なにしろ酒粕は糖の分解や脂肪の蓄積をコントロールしてくれるんです。また酒粕のウロキナーゼという酵素には、血栓を溶かし血液の流れをよくする作用もあるそうで、生活習慣病の予防にもバッチリです。
    ということは、認知症の備えにも( ̄∀ ̄)v

    さて、料理以外の使いみちとは?

    ナスのグラタン


      
    続きを読む
    • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)セルフケア

    2017年08月18日

    否定をしない!でもね・・・

    テレビドラマで喧嘩が始まると「あんた、行って止めてきなさい!」と、母に言われてしまいます(^▽^;)ゞ

    認知症の人とのコミュニケーションで「うそも方便」と同じくらい、よく言われるのが「否定をしない」です。
    でも、やはり「お金盗ったでしょ!」などと言われたら、否定しないわけにはいきませんよね~

    幸い母がそう言うことはなかったんですが「山形に帰ったら、私は殺されるんでしょ」と、言うことがありまして、これも否定しないわけにはいきません( ̄- ̄;)
    はっきり否定してすぐに話題を変える、私はこんな対応をしました。なんでこんなことを言うのかな?と考えてみましたが、それこそテレビドラマの中に入り込んでしまったのかな…と思うことにしました。

    「〝理由を探る〟認知症ケア」という本に「否定をしない」ではなく「有(う)を与える」というコミュニケーションのことが書かれていました。

    「有を与える」とは、本人の話しをただありのまま受け取ることをいいます。たとえば、「家に帰ります」と言っているAさんがいれば、「Aさんは、いま、家に帰りたいんだ」とそのまま受け取るのです。
    介護者が賛成であろうが、反対であろうがAさんが家に帰りたいと言っている事実に変わりはないので、「その人が言っている事実を、事実として認めるだけ」なんだそうです。

    そうすることで介護者のストレスも軽減し、相手に対する興味や関心が芽生え、観察力や察知力も高まるそうですよ。

    これを読んだとき何か難しく思えたのですが、よく考えると自然にやってたかな?(^▽^;)ゞ
    口には出しませんが心の中で「ハイハイ そうなのね」とそのまま受け止めていた気がしますね~

    それともう1つ!

    母


      
    続きを読む
    • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)認知症あるあるセルフケア

    2017年08月16日

    うそも方便!でもね・・・

    認知症の人とのやりとりでよく使われるのが「うそも方便」。私も時々使いますがただ、いつもうそを言うのは結構ストレスになってくるんです。
    なので、時間的に余裕があるとき、母の質問に対し本当のことを言うことがあります。

    例えば母の場合ですと「山形の生家は昔のまま、まだ存在していてそこに帰りたい」との思いからか「山形にいつ帰る?」と頻繁に言います。
    現実には、祖母が亡くなってからずっと空き家で、山形にいる叔父が雪下ろしなどしていたのですが、隣の建物の雪が原因で一部潰れてしまった数年前に、解体してもうありません。

    最初のうちは「いつ帰る?」と言われ「今寒いから夏になったらね~」とか答えていましたが、全く帰る気がないのにいずれ帰るように答えるのはうそと同じこと。

    ある時「もう山形に家がないから帰れないのよ」と言ってみました。母は「家、どうしたの?」と聞いてきます。「隣の雪が落ちてきて潰れちゃったんだって」というと「あ~雪でな…」と淋しそうでしたが、山形の雪景色を思い出しているような気もしました。

    その後も同じように答えていましたら最初は「えぇ!家がないの」と、何度も驚いていましたが、そのうち「あ~そうだっけ」というようになったんです。学習したんでしょうかねぇ( ̄∀ ̄)

    デイサービスに行く日の朝など、時間に余裕がない時はうそも方便を利用し、余裕のある時はうそで会話を省かず、いろいろ話してみるのもいいかなぁ~と思います。

    よく聞く例ですが、デイサービスの利用を拒否される男性のお宅に、送迎車を向かわせて「先生、教授会のお車です」と言うと、難なく乗車された。このうそも方便はこのままでいいですよね。言う方も言われる方もストレスはないと思います。

    そして、うそも方便のコツは!(*゚▽゚*)b



      
    続きを読む
    • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)認知症あるあるセルフケア

    2017年08月15日

    認知症さぁ来い!

    気がつけばこのブログを開設し、何とか毎日更新して一ヶ月が過ぎていました。・:*:・☆゚"
    お陰様で毎日読んで下さる方も増え、嬉しい限りです。
    本当にありがとうございます♪

    認知症予防と認知症介護のために始めたブログですが、ここでちょっと訂正したいと思います。「認知症予防」についてなんですが、自分でもちょっと疑問があり、認知症に関する何冊かの本を読み「やっぱり!」と、思ったので「予防」ではなく「備え」と、捉えることとします。

    予防のためにいろいろ取り組んできた人が、認知症を発症するとショックが大きく、「人生終わった…」と思ってしまう。
    また、予防に取り組めば取り組むほど『認知症=ダメ!』という価値観を強くしてしまうそうです。
    私も予防のためにあれこれ提唱するものの、確証はありませんし、自分はならない自信もありません(^▽^;)ゞ
    だからといって何もしないのはいかがなものか?「無病即死」の理想に向かって、日々精進することに意味があるような気がします。

    ということで、「認知症予防」改め「認知症さぁ来い!」としましょうかね~(*´▽`) それと!

    折り紙


      
    続きを読む
    タグ :認知症
    • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)セルフケア

    2017年08月13日

    幸せな認知症

    先日、飛び込み営業のような若い人と、予期せぬ会話をする機会がありました。その時「認知症=幸せではない、不幸である」というようなことを言われ、私は腹立たしく思いました。

    認知症になったって、幸せな人はたくさんいるはずですし、自分でいうのもなんですが、私の母だって幸せだと思います。それに認知症の人が不幸だったら、介護している家族はどうなるんですか!

    前向きな介護が介護者を成長させてくれることは、私が身をもって体験しています。だから、認知症になった母に感謝することができるんです。
    これが幸せでなくてなんだというのでしょうか!

    認知症介護者を被害者と捉え、悲観的な見方をする人たちやメディアも在るようですが、これはあまりにも認知症を知らなさ過ぎます!

    ただ、介護者自身の状態によっては、被害者意識に支配されてしまうことがあるかもしれません。それは介護される側にとってもマイナスになってしまい、ドンドンと負のスパイラルに陥ってしまう可能性もあります。

    そういう意味では介護者の被害者意識は、介護者自身の心と体のバロメーターになるかもしれないですね。
    少しでもそんな気持ちを感じたら気分転換!ストレス解消!親しい友達との食事やおしゃべり、映画鑑賞、とにかく自分の好きなことに時間を使いましょう!

    介護の有無に関わらず自分のストレス解消法は必要ですし、認知症介護してるからといって、特別なストレスがあるわけではないです。
    プレバトの夏井いつき先生ではないですが、

    「そんなストレスあったら持ってこい!」( ̄▽ ̄)b

    ひまわり


      
    続きを読む
    • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)セルフケア

    2017年08月04日

    言葉は波動

    認知症介護と育児は似ているところがあると、私は思います。

    私は以前「アドラー心理学」から、育児をしていく上で大事なことを学びました。「ことば」は波動として相手の心に伝わる
    誕生したばかりの赤ちゃんでさえも、自分に向けられている言葉が快なのか不快なのかを「泣く」「笑う」等の態度で表現する。
    精神科医であったアルフレッド・アドラー博士は仰いました。「一人の人間をダメにするのは簡単だ。毎日毎日その人に向かって『おまえはダメな人間だ』と言い続けたらいい」と。

    私がこれを学んだ時、娘はもう既に成人していましたので、育児に活かすことはできませんでしたが、母の介護で活用することができました。
    私が母に対し敬語で丁寧にゆっくり話すと、発想できたのもこの学びのお陰かだと思います。

    また、常に相手の気持ちになって考えると、いうこともありました。(私は自分だったらどうされたいかと考えました)
    例えば、無言で服を脱がされたら・・・怖いですよね!
    誰だって怖くて、不快になります。

    赤ちゃんや認知症のひとも同じなんですね~ですから、肌着や衣類に手をかける前に「着替えましょうね」とか「お着換え手伝いますね」とか、ちゃんと目を見て声をかけることが大事です。

    折り紙


      
    続きを読む
    タグ :認知症介護
    • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)認知症あるあるセルフケア