たまりば

  お薦めショップ/企業/団体 お薦めショップ/企業/団体  福生市 福生市

  認知症あるある食卓力出来事アイテムオサレイベント

2017年07月31日

母はなぜ認知症になったのか?

私が、母の認知症をきかっけに、自分がならないための食の見直しを考えた時、今までの母の食生活を考えてみました。昭和6年に生まれた母は14歳の時に終戦をむかえているので、山形県にいたとはいえ、7人兄弟でしたし貧しい食生活だったであろうと想像できます。

それから結婚するまでは、おそらく一般的な「日本の食卓」であったはずです。私が生まれた昭和32年頃は高度成長期に入り、アメリカ文化や欧米食も一般庶民にまで、広がっていたと思われます。戦中、戦後まもなくまで高額で買えなかった食品も、産業の発展とともに安価になり容易に手に入り、日本人の食生活はどんどん欧米化していったでしょうね~うちでも、カレーやハンバーグは定番でした。

日本が外食産業、コンビニ、バブル、グルメブーム等々飽食の時代を謳歌している頃、アメリカではマクガバンレポートが提出されました。アメリカ上院栄養問題特別委員会は巨額な資金を投じ、7年間栄養と疾患との関係を調査し、生活習慣病は現代の間違った食生活すなわち、食事の欧米化が原因になって起こる「食源病」であり、薬では治療できないと結論を出したのです。1977年のことです。

そして、一番理想的な食事は・・・



  
続きを読む
  • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)食卓力

    2017年07月30日

    スピリチュアルな視点の認知症

    昨日、江原啓之さんがテレビ番組でスピリチュアルな視点から見た認知症というお話をされていました。認知症になりできないことが増えても、魂は変わっていない。だから、暴言を吐いたり、叩いたり、ぞんざいに扱えば魂が覚えている。
    また、異食をする人は食べることに苦労してきた人、徘徊をする人は逃げたい気持ちを抑えてきた人、暴言を吐く人は辛抱に辛抱を重ねて生きてきた人。それを見て「最後に全部吐き出してくれたのね」と思うのと、「こんな人じゃなかった」と思うのとでは視点が変わってくる。

    概略以上のようなお話しでした。このお話しを聞き、私が母に対し敬語で話し、丁寧に接することはスピリチュアルな視点から言っても間違っていなかったんだな・・・と安堵しました。

    介護生活が始まった頃、認知症の知識0だった私は、母と言葉を交わせば喧嘩のようになり、意味不明のことをいう母にどう答えたらいいのかわからず本当に悩みました。
    当時、図書館に行き関連する書籍を探すも、1冊も見つけることができませんでした。今思えば私に母が認知症であるとの認識がなく、老人うつとかそんな言葉で本を探していた気がします。

    解決策が見いだせない状態は、本当に闇の中に放り出された感じです。
    家事はそれなりに苦にならずにこなせても、母とのコミュニケーションや対応が一番の問題でした。

    そんな時、ふっと浮かんだのが

    折り紙


      
    続きを読む
    • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)認知症あるある出来事

    2017年07月29日

    認知症介護はタヌキとキツネの化かし合い?

    私が母の異変に気付いたのは、2011年3月11日大震災の直後の計画停電の時でした。勤務先が停電の範囲になるということで、仕事にならず早々に帰宅。久しぶりに見た両親の食卓に愕然としたんです。
    あんなに料理上手で近所の人からも「教えて~」と言われていたのに、作った物が1つもなかったんです。昆布の佃煮、沢庵、味噌汁までインスタントでした。冷蔵庫の中は賞味期限切れの食品であふれ、ギュウギュウ詰め状態。

    実はそれまでも変だな、おかしいなと思うことは度々あったんですが、仕事を大義名分に見て見ぬふりをしてきたんです。現実を目の当たりにしいよいよその時が来たか!と覚悟を決めるしかありませんでした。

    介護離職し、まず手掛けたのは自分の持ち物の断捨離と部屋の改造。なにしろそれまでは家にいる時間より会社にいる方が長かったので、寝られればいいくらいの部屋だったんですが、離職したらまったく逆です。使い勝手のいい自分好みの部屋にしたいとがんばりました。

    台所は母が料理をしているうちは変えられませんでしたが、母に料理禁止令を出してからはもう、やりたい放題(^▽^;)ゞ
    いろいろな物をどんどん捨てました!食器も普段使い、来客用をやめ揃っていないものは全部廃棄。食器棚に入らない物は廃棄。今まで使ったことがない物も廃棄。この狭い家のどこにこんなにたくさんの物があったんだと、思うくらい出てきました。

    それだけ捨てても困ることはありませんでした。が、1つだけ・・・

    器
      
    続きを読む
    • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)出来事アイテム

    2017年07月28日

    冷蔵庫の鍵

    私が介護離職し、家にいるようになった頃には、母はもう既にお化粧はしていませんでした。でも化粧水がないとか、クリームが欲しいとか言うので買ってきましが、使っている様子はありませんでしたね~(^▽^;)
    ある時、頼まれたクリームを手渡しましたら蓋を開け、指に取り

    ペロっと舐めたんです!Σ( ̄Д ̄;

    以前、まだ認知症という言葉がなかった時代、知人のお父様がボケて、石鹸まで食べてしまうという話を聞いたことがありました。夜中に冷蔵庫の中の物を好きなだけ食べてしまうので鍵をかけたら、洗面所の石鹸を・・・( ̄- ̄;)
    母が化粧用クリームを舐めた時この話を思い出しました。いわいる異食というやつですね。正に未知との遭遇です!

    そして数日後、そのクリームが冷蔵庫に( ̄∇ ̄lll)

    母は冷蔵庫の食材を見ると、料理を始める傾向がありましたし、食品以外の物を冷蔵庫に入れる可能性も出てきたので、いよいようちも冷蔵庫に鍵か!と、思ったのですが 冷蔵庫に鍵 どうやって?
    この答えはやはりお父様を介護していた知人から、得ることができました。
    持つべきものは介護職の友人と、介護経験者ですね~

    その方法とは!

    リップクリーム

      
    続きを読む
    • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)オサレ出来事

    2017年07月27日

    紙パンツ、どう言って穿いてもらう?

    昨日、尿取りパットのこと書きましたが、その前に紙パンツを穿くことになった経緯をお話ししなければなりませんせんでした。

    まだ、デイサービスの利用もしていない頃のことです。汚れた下着を隠すという前兆はあったんですが、まだ踏み切れませんでした。紙パンツを使わないということは、自分でトイレに行けるということですから、その頃の私は食事の準備さえしておけばどこへでも出かけられる状況でした。

    そんなある日、キッチンでテレビを見ている母を見ながら出かけ、2~3時間で帰宅すると出かけた時と変わらない状況で母がキッチンにいたんです。
    「あれ?あれからずっとここにいたのかな」と思いつつ視線を下におろすと、床が濡れているではありませんか!!
    そうです お漏らしをしていたんです( ̄Д ̄; 紙パンツに移行する決定的出来事でした。椅子は母が移動しやすいよう、オフィスなどで使われるキャスター付きの椅子で座面が布だったのでベランダで干しましたが、ほどなく捨てました…

    すぐに紙パンツを買いにいきましたが、問題は
    なんと言って穿いてもらうか!

    ハス


      
    続きを読む
    • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)認知症あるある出来事

    2017年07月26日

    言われるまで気づかなかった便利なもの

    私が介護を始めて早く知っていればよかったーと、思ったことの1つに尿とりパットがあります。大人用紙オムツは知ってましたが、それと併用して使える尿とりパットは、デイサービスのスタッフさんに教えてもらうまで、まったく知りませんでした。

    いえ、きっと紙オムツを買いに行った時、商品を見てるはずなんです。ですからスタッフさんから進められた時、「あ~あれ」と、すぐにわかりました。
    でも、見ただけでは使うという発想にならなかったんですね。

    これを使うようになってどれだけ楽になったか(´ー`) だってちょっと想像してみてください。トイレにいく度にパンツを交換するということは、トイレの中でズボンや下着を全部取らないとできないんです。
    しかも、紙パンツの中に大きいお便りがドサっとあったら・・・・赤ちゃん用の紙パンツのように簡単に破れないので、足を抜かなくてはならないのですよ…
    もうそれだけで重労働(u u;)

    でも、パットがあればとりあえずはパンツを残したまま処理できます。それでも失敗することは時々はありますけどね(^▽^;)便座に座る前に小さいお便りが来ちゃったとか、パットを外すとき大きいお便りがポロっと床に落ちて来たり( ̄◇ ̄;) もう「わーーーー」ってなりますよ・・・
    で、そんな時の必需品!

    折り紙


      
    続きを読む
    • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)認知症あるあるアイテム

    2017年07月25日

    一石四鳥ですよ!

    先日、キユーピー3分クッキングを見ながらお昼ご飯を食べていた時のこと、母が「あれ、美味しそうね~」というので、私も「そうね~」と同調しました。その後、母から思いがけない一言が!

    「私が大きくなったら作ってあげる」。。。Σ( ̄Д ̄;

    おいおい!大きくなったらって、太ったらってことかい?な~んて、心の中で突っ込みをいれ、ホントに子どもになっちゃったんだなぁ(´ー`) と思いながらも、これはブログのネタになるぞ!とメモメモ( ..)φ

    ネタになるかと思うと、突拍子もない母の言葉が待ち遠しくなり、会話が楽しみになってくるんですよね~^^

    母は変形性膝関節症なので洗面所に立てず、椅子に座ったまま台所の流しで洗面するのですが、金ダワシを指さし「あのキラキラは何?」というので、「タワシ!わたしじゃないよ」と冗談で返したら笑ってくれました。

    介護者に余裕があれば、認知症の人も安定していられます。ですから介護者の健康管理も介護の一部だと私は考えます。
    食の見直し、本当の食卓力を学ぶことは自分のための成人病予防であり、認知症予防、アンチエイジングにもなり介護される人にもメリットがある。 これは一石四鳥ではありませんか♪

    そんなわけで今日ご紹介するのは今、私がハマってる一品!

    酒粕トースト  
    続きを読む
    タグ :レシピ酒粕
    • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)食卓力

    2017年07月24日

    親子関係の解消

    認知症介護、家族がたどる「4つのステップ」
    第四ステップ 受容
    認知症の人のすべてを受け入れられる状態になること。

    母に対し敬語で話そうと思った時、ある意味親子関係を解消した。と言えるかもしれません。悪い意味ではないです。

    自分のことを叱って、育ててくれた親だと思うと、何もできなくなってしまった姿が情けなく、悲しくなってしまうのですが敬語で話すことで、他人行儀に振る舞い結果、丁寧に接するようになるんです。私自身も介護の仕事をしているんだという気持ちで、受け入れるようにしました。母専門の介護者です。
    するとどうでしょう!怒鳴っても通じなかったことがスムーズに!

    丁寧に敬語で、そしてもう1つ重要なことは

      
    続きを読む
    • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)認知症あるある出来事

    2017年07月23日

    料理禁止事件!

    認知症介護、家族がたどる4つのステップ
    第二ステップ 混乱・怒り・拒絶

    この段階ではまだ健康だった頃の母の残像があるので、「昨日まで普通にやってたでしょ」混乱 「なぜこんなことができないの?」怒り。まだまだ未熟で認知症の知識がなかった私は声を荒げることも多々ありました。

    この頃の母はまだ杖を使いながら一人で歩けたので、とんでもないことをやらかす可能性があり、私もピリピリしていました。

    キッチンの椅子に座ったまま料理をすることもありました。ある日、私が外出から戻ったとき母が料理をしていたのですが、なんと!オイルポットを直に火にかけ揚げ物をしていたんです!

    もうビックリして、怒鳴りまくってしまいました

    それからは一切料理禁止ヾ(`◇ ´;/ 父と相談しガス台の元栓を必ず閉め、母がガスを使えないようにしました。できることが減る度、認知症が進んでいきますが仕方なかったと思っています。

    そうやって声を荒げて、怒鳴ったり喧嘩のようになった時期を経て、ある日ふと気づいたことがありました。



      
    続きを読む
    • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)認知症あるある出来事

    2017年07月22日

    認知症介護者あるある4つのステップ

    私がこのブログや講座を始めたのには、いくつか理由がありますが1つは
    「早く知ってればよかった~」
    と思うことがたくさんあったからなんです

    認知症介護をする家族には4つの心理的ステップがあります。
    第一ステップ 戸惑い・否定  第二ステップ 混乱・怒り・拒絶
    第三ステップ 割り切り・あきらめ 第四ステップ 受容
    これは川崎幸クリニック院長・杉山孝博先生が考案されたそうです。私がこのお話を初めて聞いた時には、既にもう第四ステップでした!
    見事に全部辿って来ていましたし、もっと早く知っていれば、あんなことも、こんなことももっと楽に乗り越えられたのかなと思いました。

    母が突然カーディガンを穿きだした時があったんです。着るのではなくズボンのように足に穿いたんです( ̄◇ ̄;) もうビックリしました! 第一ステップ 戸惑い。そしてやめて~~お母さんはこんなじゃない!と否定します。

    そんなことがあった時、私はこの心理を知らなかったんですが、
    幸運なことがあったんです^^

    花

      
    続きを読む
    • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)認知症あるある出来事