たまりば

  お薦めショップ/企業/団体 お薦めショップ/企業/団体  福生市 福生市

  認知症あるある食卓力出来事アイテムオサレイベント

2017年08月07日

“お母さん”ではなくなった母

認知症の人は何の脈絡もなく、「今なぜその話題?」と、いうようなことを突然話し出します。そして、しばらく同じことを毎日言い続けある日、ピタっと言わなくなるんです。どうやらマイブームがあるようなんですね~^^

「子ども達はいつ来るの?」。これは私の娘、母からみれば孫のことであり「達」と、複数形になっているのは恐らく、ひ孫のことかと思います。
前にも書きましたように離婚して実家に戻った私は、すぐに働きはじめ娘の子育てはほとんど母に任せきりでしたので、母の中では孫も自分の娘になっているんでしょうね~

娘家族は三重県にいるので、上京は年2回、夏休みと冬休みだけです。
「いつ来るの?いつ来るの?」といい続け、やっとその日が来て一緒に過ごしても、帰った翌日にはまた「いつ来るの?」が始まるんです。
もう会ったことを忘れてしまうんですね…
今年に入った当りから、そのブームも終わったようです。言わなくなりました。

突然始まる母の話には「お母さん」がたくさん登場します。
「ここのお母さんはどこに行ったの」「ここはお母さんが通るところだからね」「お母さんは元気なんでしょ」等々。一度「ここのお母さんはお母さんでしょ」と言ってみましたが、「えっ!」と言われてしまい話がややこしくなるので、ある時から母のことを「さっちゃん」と呼ぶようにしました。

母は何の違和感も疑問もなく、受け答えしてくれています。
とっくに親子関係の解消をしたつもりでしたが、ずっと「お母さん」と呼んでいました。もうお母さんではなくなっていたんですね。
若かりし頃のさっちゃんにタイムスリップしてしまったようです。

現在の名前を呼んでも反応がなかった人に、旧姓で呼びかけたら振り向いたというケースもあるそうです。

ただ、私の場合母なので「さっちゃん」と呼べますが、もし父だったら・・・
父が認知症にならないことをひたすら祈るだけですね(^人^;)

認知症
  
続きを読む
  • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)認知症あるある