たまりば

  お薦めショップ/企業/団体 お薦めショップ/企業/団体  福生市 福生市

  認知症あるある食卓力出来事アイテムオサレイベント

2017年08月18日

否定をしない!でもね・・・

テレビドラマで喧嘩が始まると「あんた、行って止めてきなさい!」と、母に言われてしまいます(^▽^;)ゞ

認知症の人とのコミュニケーションで「うそも方便」と同じくらい、よく言われるのが「否定をしない」です。
でも、やはり「お金盗ったでしょ!」などと言われたら、否定しないわけにはいきませんよね~

幸い母がそう言うことはなかったんですが「山形に帰ったら、私は殺されるんでしょ」と、言うことがありまして、これも否定しないわけにはいきません( ̄- ̄;)
はっきり否定してすぐに話題を変える、私はこんな対応をしました。なんでこんなことを言うのかな?と考えてみましたが、それこそテレビドラマの中に入り込んでしまったのかな…と思うことにしました。

「〝理由を探る〟認知症ケア」という本に「否定をしない」ではなく「有(う)を与える」というコミュニケーションのことが書かれていました。

「有を与える」とは、本人の話しをただありのまま受け取ることをいいます。たとえば、「家に帰ります」と言っているAさんがいれば、「Aさんは、いま、家に帰りたいんだ」とそのまま受け取るのです。
介護者が賛成であろうが、反対であろうがAさんが家に帰りたいと言っている事実に変わりはないので、「その人が言っている事実を、事実として認めるだけ」なんだそうです。

そうすることで介護者のストレスも軽減し、相手に対する興味や関心が芽生え、観察力や察知力も高まるそうですよ。

これを読んだとき何か難しく思えたのですが、よく考えると自然にやってたかな?(^▽^;)ゞ
口には出しませんが心の中で「ハイハイ そうなのね」とそのまま受け止めていた気がしますね~

それともう1つ!

母


  
続きを読む
  • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)認知症あるあるセルフケア