たまりば

  お薦めショップ/企業/団体 お薦めショップ/企業/団体  福生市 福生市

  認知症あるある食卓力出来事アイテムオサレイベント

2017年07月31日

母はなぜ認知症になったのか?

私が、母の認知症をきかっけに、自分がならないための食の見直しを考えた時、今までの母の食生活を考えてみました。昭和6年に生まれた母は14歳の時に終戦をむかえているので、山形県にいたとはいえ、7人兄弟でしたし貧しい食生活だったであろうと想像できます。

それから結婚するまでは、おそらく一般的な「日本の食卓」であったはずです。私が生まれた昭和32年頃は高度成長期に入り、アメリカ文化や欧米食も一般庶民にまで、広がっていたと思われます。戦中、戦後まもなくまで高額で買えなかった食品も、産業の発展とともに安価になり容易に手に入り、日本人の食生活はどんどん欧米化していったでしょうね~うちでも、カレーやハンバーグは定番でした。

日本が外食産業、コンビニ、バブル、グルメブーム等々飽食の時代を謳歌している頃、アメリカではマクガバンレポートが提出されました。アメリカ上院栄養問題特別委員会は巨額な資金を投じ、7年間栄養と疾患との関係を調査し、生活習慣病は現代の間違った食生活すなわち、食事の欧米化が原因になって起こる「食源病」であり、薬では治療できないと結論を出したのです。1977年のことです。

そして、一番理想的な食事は・・・



「日本人が元禄以前に食べていた食事である」
と明記されているのです。

これはこれで驚きですw(°□°)w  マクガバンレポートについてはぜひ、検索してみてください。

日本でも生活成人病や肥満が大きな問題となり、2005年にやっと「食育基本法」が制定され〝食育を、生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきもの〟と位置付けられたのです。

私が、マクガバンレポートをはじめ食源病、食育基本法を知ったのは、恥ずかしながらつい最近のことです。ましてや父が母が知る由もありません。
つまり、私が「本当の食卓力」を学ぶまで、うちの食卓は欧米化プラス、安い物優先で添加物だらけの調味料や加工品、農薬まみれの野菜、大量生産で脳を破壊する油、あげたらきりがないですが、そういう食卓だったわけです。そう考えると母の認知症は仕方がないことかと、思ってしまうのです。勿論、食べ物のせいだけとは思っていませんが大きな要因と考えます

しかし、同じ物を食べていながら90歳の父は認知症になっていません!
実は父だけが飲んでいたものがあるんです。科学的な実証はできませんが現役の頃は、にんにく焼酎を晩酌の時に必ず飲んでいました。今はアロエをミキサーで砕いたものを飲んでいます。

体に良くないものを摂取しても解毒し、体の外に出してしまえば影響は少なくなります。そのためには腸内環境を整えスムーズな排便が必要、そのためには腸内細菌にダメージを与えるような添加物は避けたほうがいい。

結局、口から入れる物をどう考えるか!何を食べるか!そこに戻ってしまいます。認知症予防には、運動もノートレも大事です。しかし、食育基本法に知育、徳育及び体育の基礎となるべきものが食育であると位置づけられたのですから、第一に食の見直しをお薦めします。

  • LINEで送る

  • 同じカテゴリー(食卓力)の記事画像
    オリーブオイルの落とし穴!
    健康飲料要注意!
    枯れない野菜の正体
    酒粕で茄子のグラタン作りました!
    そろそろちゃんとしてほしいですね!
    甘い話に騙されてはいけません!
    同じカテゴリー(食卓力)の記事
     オリーブオイルの落とし穴! (2017-08-31 10:00)
     健康飲料要注意! (2017-08-25 10:00)
     枯れない野菜の正体 (2017-08-22 10:00)
     酒粕で茄子のグラタン作りました! (2017-08-21 10:00)
     そろそろちゃんとしてほしいですね! (2017-08-19 10:00)
     甘い話に騙されてはいけません! (2017-08-17 10:00)
    Posted by ほし未有希 at 10:00│Comments(0)食卓力
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。