たまりば

  お薦めショップ/企業/団体 お薦めショップ/企業/団体  福生市 福生市

  認知症あるある食卓力出来事アイテムオサレイベント

2017年08月04日

言葉は波動

認知症介護と育児は似ているところがあると、私は思います。

私は以前「アドラー心理学」から、育児をしていく上で大事なことを学びました。「ことば」は波動として相手の心に伝わる
誕生したばかりの赤ちゃんでさえも、自分に向けられている言葉が快なのか不快なのかを「泣く」「笑う」等の態度で表現する。
精神科医であったアルフレッド・アドラー博士は仰いました。「一人の人間をダメにするのは簡単だ。毎日毎日その人に向かって『おまえはダメな人間だ』と言い続けたらいい」と。

私がこれを学んだ時、娘はもう既に成人していましたので、育児に活かすことはできませんでしたが、母の介護で活用することができました。
私が母に対し敬語で丁寧にゆっくり話すと、発想できたのもこの学びのお陰かだと思います。

また、常に相手の気持ちになって考えると、いうこともありました。(私は自分だったらどうされたいかと考えました)
例えば、無言で服を脱がされたら・・・怖いですよね!
誰だって怖くて、不快になります。

赤ちゃんや認知症のひとも同じなんですね~ですから、肌着や衣類に手をかける前に「着替えましょうね」とか「お着換え手伝いますね」とか、ちゃんと目を見て声をかけることが大事です。

折り紙


  
続きを読む
タグ :認知症介護
  • LINEで送る



  • Posted by ほし未有希 at 10:00Comments(0)認知症あるあるセルフケア